総合TOP

GigE カメラ

GigE カメラとは

GigE(ギガビットイーサネット)とは、カメラ通信に用いられるデジタルインターフェイス規格です。
産業カメラの分野では、長期の実績と、高い汎用性が評価されている通信規格です。

通信規格の特徴:通信の安定性が高く、撮像同期性能、ケーブル延長性、電源供給能力(PoE)が魅力です。
操作の簡単さ:標準的なPCに備わるLANポートとGigEケーブルを通じて簡単に画像取得が可能。

「GigE規格」の主な特徴
 
  • 通信規格の安定性
    ポイント1. 長年の採用実績

    - 2000年代中頃から導入されている
    - Ethernet準拠の通信プロトコル
    - 汎用性も高く、実績用途多数

  • LANケーブル の魅力
    ポイント2. ケーブルの制限

    - 100メートル程度に対応可能
    - ケーブルの入手性が非常に高い
    - PCのRJ45コネクタに接続可能

  • トラブルシューティングの適正
    ポイント3. 課題発生時の保守性

    - 各子機にIPが振られる仕様
    - 接続状況を確認できる、Ping
    - 各種プロトコルで遠隔から確認

通信規格の特長

選定のポイント

・標準的なケーブルやネットワークインターフェイスカードを用いることでマルチカメラでの撮像に対応
・高帯域幅への拡張性(~100 GigEまでの対応)
・最大100 mまでのケーブル長に対応

主な特徴から選ぶ

該当製品

AVT社製品

SVS-VISTEK社製品