総合TOP

DVR Express Coreシリーズ

 

DVR Express Coreシリーズ

DVR Express Coreシリーズは、
高速・高解像度カメラに対応した非圧縮の動画レコーダーです。

続きを読む – 『機器仕様』

 

【仕様のまとめ】

  • DVRの立ち位置:カメラとPCの間に用いる、外部録画機
  • DVRの機能:「画像取り込み」+「録画機能」+「データ出力」
  • モデル毎の違い:「データ転送量の違い」+「SDI出力端子」
  • DVRのメリット:録画対象に合わせてカメラ変更可能

主な特長

  • 高速撮像・高解像データが長時間録画可能
  • ノートPCで運用できる優れたポータブル性
  • 外部トリガーによる、I/O制御が可能
続きを読む – 『便利な機能』

 

【仕様のまとめ】

  • リングバッファ機能に対応
  • SSDの容量が変更可能な仕様
  • データ転送量が対応していれば、フレーム落ちなく録画可能

本録画機のメリット

  • 高帯域規格特有のPC構成の煩雑さが無くなる
  • 規格が対応していれば、カメラ解像度やFPSを自由に変更可能
  • マルチ録画・ステレオ録画も、一台から対応できる性能
  • ラインアップ
    モデル 入力対応 MAX録画レート SSD増設数 MAXカメラ接続数
    DVR Express Core 2 MAX 《終売》 CameraLink / CoaXPress 2240 MB/s 6台 4台
    DVR Express Core 2 MAX Server 《終売》 CameraLink / CoaXPress 2240 MB/s 6台 4台
    DVR Express Core 2 CameraLink / CoaXPress 1620 MB/s 4台 4台
    DVRモデルの違い – 『シリーズ毎の特徴』

     

    【共通仕様】

    基本機能: カメラ映像の非圧縮保存、動画・静止画でのデータ出力
    カメラ対応: IOI社製カメラまたは、通信規格が適合する3rd Party製カメラ
    通信規格: Camera Link または CoaXPress
    接続カメラ台数: 1 ~ 4台まで

    【操作周りの仕様】

    操作方式: デスクトップPC または ノートパソコン
    録画機の設定: ビューアーソフト - Coreview
    ホストPC接続: USB3.0 または eSata
    制御I/O: TTL (in/out 6)、LVDS (in2 / out2)、On/Off(1)
    録画時間: カメラ仕様とFPSに依存 (別途PDFをご確認ください)

    【録画機モデルの違い】

    モデル名 CameraLink仕様 CoaXPress仕様 SDI端子 PC無しでの稼働
    【エントリー機種】
    DVR Express Core2
    CL Fullまで対応 CXP-3 x2まで対応 × ×
    【スタンダード機種】
    DVR Express Core2 Plus
    Fullまで対応
    +リピーター機能対応
    CXP-6 x4chに対応
    最大転送レートには非対応
    × ×
    【上位機種】 《終売》
    DVR Express Core2 MAX
    Fullまで対応
    +リピーター機能対応
    CXP-6 x4chに対応
    最大転送レートで保存可能
    ×
    【最上位機種】 終売
    DVR Express Core2 MAX Server
    Fullまで対応
    +リピーター機能対応
    CXP-6 x4chに対応
    最大転送レートで保存可能

     

      🡹 DVRsの選び方については、上記タブをご選択ください。

  • 接続構成と部材

    DVR Express Core2 MAX

    接続図

    標準付属品

    アクセサリ群

    DVR Express Core2

    接続図

    標準付属品

    アクセサリ群

    SSD - 必須アクセサリ

  • DVRの動画

    DVR Express Core 2 + Flare 12M Camera @ 600fps

    IO Industries 4KMAX Slo-Mo Replay

  • ダウンロード