総合TOP

CoaXPress 2.0カメラ

CoaXPress 2.0カメラ

CoaXPress2.0(CXP-12)とは、次世代カメラ用の高速デジタルインターフェイス規格です。
~ 6250 MB/sのデータ通信速度は、CoaXPress以上のパフォーマンスを発揮致します。

通信規格の特徴:超高速通信能力、電源供給(PoCXP)、次世代機種での採用実績数が魅力です。
通信速度について:Camera Link Full 80-bit (850MB/秒)と比較し、7.1倍高速転送に対応しています。
キャリアボードの必要性:高速データを取り込むために、別途「画像取り込みボード」が必要です。

通信規格の特長

選定のポイント

・CXP12の特徴:CXP-12専用のキャプチャボードが必要となります。通信ケーブルからの電力供給に対応。
・次世代レベルの性能:~ 6.25 GB/s の通信帯域幅は、装置性能の向上に有効です。(4 ch接続)
・高速通信のポイント:高周波通信となるため、ケーブル長に制限が発生しやすい傾向があります。


代替検討時のポイント

・CXP-12 x 4ch:Camera Link/CoaXPressのアップグレード
・CXP-12 x 1ch:アナログカメラのアップグレードに有用

主な特長から選ぶ

該当製品

CXP12 x 1ch接続タイプ / ハイスピード通信

- SWIR / 近赤外対応モデル

- コンパクト高性能モデル

CXP12 x 4ch接続タイプ / 超ハイスピード通信

- 超高速撮像モデル

- 高解像モデル