総合TOP

ビデオレコーディングソフト

ビデオレコーディングソフトとは

マシンビジョンカメラには、標準では録画機能が備わっておりません。
ビデオレコーディングソフトを使用する事によって、高速・高解像度カメラを用いた非圧縮動画が可能となります。

主な特徴-通信規格

【通信規格毎の1秒間の転送速度】

【通信規格と転送速度について】
< ポイント1. 取込みデータ量 >
産業用マシンビジョン業界では、日進月歩でデータ転送速度が向上しつつあります。
カメラ通信が高速化することで、1秒間のシャッター数(通称FPS)を増やせます。
その反面、PCが受け取るデータ量が増え、録画難易度が上昇します。

  • < ポイント1. 標準通信規格 >
    ◇ 取り込みボード不要
    対象モデル:GigE, USB3.0
    LANポートやUSBポートを使用。
    比較的安全に録画可能です。

  • < ポイント2. 高速通信規格 >
    ◇ ボード必須規格
    対象規格:CameraLink, 10GigE,
    対象規格:25GigE, CoaXPress
    発生データ量が大幅に向上。
    録画難易度と構成が複雑化する。
    PC選定などにご注意ください。

  • < ポイント3. 転送速度と難易度 >
    ◇ 録画難易度の要因
    録画前に次項をご確認ください
    1. フレーム落ちなく撮像可能。
    2. 短時間録画で、メモリに保存。
    3. SSDへの書込み速度が十分。

録画方式の特徴

録画手法の比較

選定のポイント
・PC構成を最適化することで、長時間の高速録画が可能となります。
・PC構成についてご不安がある場合には、
 DVRsや高速録画カメラの方が安定性が高くなります。

代替検討時のポイント
・録画ソフトは、PCが取り込めたデータを処理します。
 そのため、録画性能や安定性はPC構成に依存致します。
・通常の産業用カメラには備わっていない、
 録画用プログラミングを簡易化する為の製品となります。

GigEやUSB3.0通信のカメラ1台で、簡易的な録画を行う場合には最適な仕様です。

録画手法の違いについて

【録画システムの構築ポイント】

録画可否:正常に録画を完了するためには、PC性能を十分に確保して頂く必要がございます。
応用的な構成:トリガー対応は、カメラやキャプチャボードが対応している必要がございます。
長時間録画:高速通信規格を用いる場合、PC構成が高額となる傾向がございます。

【録画データの作り方】

01 – 「撮影する」:任意のカメラモデルで撮像を開始
02 – 「取り込む」:専用キャプチャボードでフレーム落ちなく画像取り込み。
03 – 「溜めこむ」:PCメモリに撮像データを一度ストアしておきます。(録画ソフト + RAM)
04 – 「書き込む」:録画を完了し、任意の形式にフォーマット化します。(録画ソフト + PC)
05 – 「アーカイブ化」:録画データを、外部記録媒体に出力。(録画ソフト + HDD)


該当製品

録画システムのまとめ