総合TOP

ビデオレコーダー

ビデオレコーダーとは

DVRsは、マシンビジョン用に最適化された非圧縮ビデオレコーダーです。
録画機を媒介にすることで、高速・高解像度カメラの撮影データを簡単に非圧縮保存することが可能となります。
・マシンビジョンカメラでは長時間の録画データを作成・変換する機能が基本的にございません。
・高速通信規格の録画は難易度が高くなる傾向があり、録画環境の安定化にビデオレコーダーは有用です。

録画方式の特徴

選定のポイント
・長時間の高速録画に適したSSD(RAID)に保存する仕様です。
・高速カメラでも、ポータブルなノートPCで録画可能となります。
・通信規格が合えば、3rdParty製カメラでも動作可能です。

代替検討時のポイント
・次世代規格のカメラを用いた録画が簡単に実施できます。
・ホストPCとは、USB3.0/eSATAポートで接続するため、
 録画データの取り出しが速い傾向が有ります。
・複雑で応用的なシステムが必要な場合には、
 録画ソフトウェアをご検討ください。

該当モデル

スタンダードモデル

上位モデル

最上位モデル

録画システムのまとめ