総合TOP

Emergent Vision Technologies社

Emergent Vision Technologies社 - エマージェント ビジョン テクノロジー

  • 10 / 25 / 50 / 100GigEカメラ
  • 超高速データ/フレームレート

メーカーの特徴

Emergent Vision Technologies社は、GigE規格に特化したエリア・ラインカメラの先進企業です。
産業用途の高帯域GigEカメラを世界で初めて製品化しており、現在100GigEカメラまでが発表されています。
高速撮像だけでなく通信の安定性やケーブルの柔軟性が実現できます。

※ 2021年度には、世界初となる産業用途の50GigE・100GigEカメラがリリースされます

高速GigEシリーズ

100GigEカメラ

50GigEカメラ

25GigEカメラ

10GigEカメラ

ラインスキャンカメラ

  • 高帯域GigE規格とは

    高帯域GigE規格とは?(10 / 25 / 50 / 100 GigE)

    10/25/50/100GigE 通信規格は、
    最新のサーバー技術を応用した、高速GigE通信規格です。
    ギガビット・イーサネットの次世代規格となり、
    採用実績が高いGigE のメリットを引き継ぎながら、
    転送データレートが大幅に向上できる仕様です。

    これまでGigE規格は産業ニーズに依存せず高帯域化を続け、
    「通信会社」、「データセンター」、「軍事産業」では、
    100GigEまでの規格が既に導入されています。

    産業用途では、CoaXPress規格以外の高速規格として注目が集まり、
    プラットフォームの将来性/安定性に加えて、「データ転送率の向上」、
    「ケーブル距離の延長」、「撮像時の同期精度」が評価されます。

    通信規格の比較

    USB 3.1
    Gen1
    USB 3.1
    Gen2
    Camera
    Link
    CXP6
    ×1
    CXP12
    ×1
    10GigE 25GigE
    データ転送率 400MB/秒 900MB/秒 680MB/秒 765MB/秒 1562MB/秒 1250MB/秒 3125MB/秒
    ケーブル距離 5m 1m 10m 72m 30m 10km* 10km*
    +αの機能性
    通信規格の普及率**
    CPU 負荷 ◎*** ◎***
    ジッタ/ レイテンシ ◎*** ◎***
    複数運用の適正 ◎*** ◎***
    コスト・メリット

     

    * : ケーブルの延長距離はアクセサリー機器の品質に影響されます。
    ** : 価格帯/入手困難性/etc は規格の普及率に左右される為、サーバー業界も含めております。
    *** : 推奨NICカードと、Mellanox VMA/Myricom MVAを用いた場合

    高帯域GigE規格の特徴とは?

    高精度同期について(IEEE1588 PTP)

    ハイスピードカメラでは、1秒間のフレーム数が大幅に上昇しており、
    フレーム間の猶予がかなり少ない為、同期撮像の難易度が向上しています。

    Emergent Vision 社の 10 / 25 / 50 / 100 GigE カメラは、
    GigE規格由来のIEEE1588 PTP に対応しており、
    同期精度を100ns 相当まで高めることが可能です。****

    産業用途に限らず、放送業界・VR コンテンツ作成・交通監視業界など、
    高精度な同期環境が必要な用途を最適化します。

    **** : 同期精度は、機器の種類、配置方法、運用台数、運用速度により異なります。

    ハイスピードでも安定通信(光ファイバ)

    最新センサーを搭載したカメラでは、性能が格段と向上している反面、
    通信ノイズも増幅され、ケーブル長が制限される傾向があります。

    光ファイバケーブル構成の場合、
    高帯域対応ながら、通信ノイズの増幅が大幅に抑えられます。
    また、ケーブル先の光トランシーバを交換することで、
    高帯域モデルに変更した際も、ケーブル設備を使いまわすことができると考えられます。

  • EVT社製品の強みとは?

    ワンストップ提供の魅力とは?

    10GigE / 25GigE / 50GigE / 100GigEの性能を最大限に発揮できるよう、
    「CPU負荷」、「遅延性」、「ジッター」が抑えられる
    アクセサリーを選定しております。

    動作保証済みのアクセサリを一式でご提供しておりますので、
    「NICカード」、「光ファイバーケーブル」、「電源アダプタ」が、
    ワンストップでご入手頂けます。

    超低CPU負荷を実現

    従来、高速GigEカメラを用いた場合には、
    CPU負荷が高くなる傾向が有り、必須PC構成が著しく高くなる場合がありました。

    しかし、EVT社カメラと専用のNICカードをご利用頂くことで、
    CPU負荷を大幅に抑えて画像処理の安定化を図ることができます。

    左図では、9Gbpsのデータ転送時に、Intel Pro1000と比べて、
    EVT社アクセサリ構成ではCPU負荷が1%以下に抑えられることを表しています。

    (※上図補足)
    ・Intel Pro1000 : 9Gbit/秒の負荷データは、CPUがデュアルコアの場合に450Mbit/秒でのCPU負荷が5%程度になることから換算
    ・Myricom MVA : CPUがデュアルコアの場合には、9Gbit/秒でのCPU負荷は1%程度となります。

    低ジッター・低レイテンシーの実現

    EVT社が提供する専用NICカードとソフトウェアにより、
    理論値に限りなく近いジッター値やレイテンシーを実現できます。

    シングルケーブルの通信規格では転送のバラツキなどが発生しづらく、
    安定性が求められる用途には適した仕様です。

    左図では、EVT社カメラを10Gbpsでの転送レートで運用した際に、
    プロセス時間の振れ幅が抑えられていることを表しています。

    (※上図補足)
    テスト構成 – 10GigEカメラ:2044×1088、NIC カード:Myricom

    テスト内容 – Windows とLinux で、3000 回2 フレームのみを取得した結果

     

    計算式 1- 解像度 x 撮像枚数× 8bit / 10Gbps = 3558us
    計算式 2- 3558us + Ethernet フレーム変換 = 3595us(ジャンボパケット適用時: 9000Byte/Packet)

  • 技術資料
  • 動画

    優れたCPU負荷について

    光ファイバケーブルの柔軟性

    撮像同期について